「ふたつの月に濡れる」が佐々木浩久監督によって映画化されます

書き下ろし青春小説「ふたつの月に濡れる」(紅文庫、10月26日発売)の映画化が決まりました。

「発狂する唇」「ナチュラル・ウーマン」などで知られる名匠、佐々木浩久監督がメガホンをとり、脚本も手掛けます。来年公開予定です。

小説の発売前に映画化が決まるなんて、私自身も驚いています。佐々木監督が「ふたつの月に濡れる」をどう料理してくれるのか、今から楽しみです。

コメントを残す